m_m

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
以前の記事
more...
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧


ハンモック

c0013065_2114566.jpg


前から欲しかったハンモック。アウトドアショップで割引販売していたので思わず衝動買い。

とは言いつつも、キャンプに持っていっても取り付けるのに適当な木があるとは限らないし、ハンモックスタンドはかさばるし、高い。ネットで見てたら自作している人たちがいるので見よう見まねで自作してみた。

2x4材で作っている人が多いが、経費節減と持ち運びを考慮して1x4材でチャレンジ。1x4材4本と適当なフックを2つ。計2,000円弱をホームセンターで購入。1x4材4本で6xkgの体重をさせられるかが大きな不安要素。

作り方はいたって簡単。1x4材の片方の端を斜めにCutして、もう片方の中心にフックを通す穴を空け、フックを通してボルトで固定するだけ。

後は、テントを張るときのロープとペグでバランスを取って、組み立てる。

まず、生贄じゃなくて実験台でもなくて、1番乗りを志願した長女(小4:27kg)から。


問題なく揺られることが出来ました。
次は6xkgの自分。恐る恐る乗ってみると、1回目はお尻が地面についてしまいました。
自作スタンド間の間隔やペグの位置、ロープの張り具合を調整して3回目で無事揺られることが出来ました。

今日の結論。
その1:1x4材4本でも6xkgは支えることが可能。(自己責任で)
その2:意外と広いスペースが必要。(家族用テント設営面積ぐらい)
その3:ハンモックで揺られるとかなり快適
[PR]

by m_matsukawa | 2014-09-28 21:13 | 野外人

c0013065_22492663.jpg


我が家のウォークインクローゼットには、寝室と長女の部屋から入ることが出来る。
逆に言うとウォークインクローゼットから長女の部屋に入る事が出来る。

設計時や完成当初は、いろんな所から出入りできる自室を喜んでいたけれど、やはりと言うか、「やっぱり要らない。ここを潰して棚をおきたい。」と言い始めた。

「風通しが悪くなるのでダメ。」

と母に言われ、泣きつかれた。

"扉を活かしたまま(通風を確保したまま)、棚にする。後から元に戻せるように壁には加工しない。"

という条件で棚にすることにした。

100均で突っ張り棒を6本とホームセンターで1x6材を購入。
1x6材を出入り口の形(凸状)にカットして、突っ張り棒2本の上に置いて完成。

重いものは置けませんが、まずまずの出来栄えで、長女も納得。
総額も1200円程度とリーズナブル。

めでたし、めでたし。
[PR]

by m_matsukawa | 2014-09-22 22:49 | 家作り

日進夢まつり花火

c0013065_23271417.jpg


我が家から一番近い開催地の花火大会。新しくなった自宅には、小さいながら屋上バルコニーがあり、ここから夢まつり花火が見れるのではないかと前から期待していました。

結果としては、想定通り屋上バルコニーから花火が見えました。

ちょうど真上に夏の大三角形も見えて、夏の終わり(というか特に今年は秋)の風を感じながらの花火観賞となりました。

(写真は望遠でとっているので実物はもっと小さく見えます。)
[PR]

by m_matsukawa | 2014-09-18 23:29 | 家作り

釣り

c0013065_2315940.jpg


相方がパートタイムで働き始めた。
午前中のみだけど土日も働くことが多い。

長男の土日のほとんどは部活なので、必然的に長女(小4)との時間が増える。アウトドア派の父が、「BBQしよう」、「カヌーに乗りに行こう」と誘っても、インドア派の長女は、「家でダラダラしたい」、「ママと一緒がいい」と言うので時間の過ごし方が難しい。

そんな中で見つけた共通の趣味(?)が、なぜか釣り。

一度海釣り公園に出かけて、坊主だったけど、また行きたいというので、今度は確実に釣れる渓流の管理釣り場(神越渓谷)へ行ってきました。

腹ペコのマスを放流してくれるので釣果はまずまず。炭火で塩焼きにして美味しくいただきました。

c0013065_2314825.jpg

[PR]

by m_matsukawa | 2014-09-16 23:03 | 野外人

現役復帰

自分のことではないです。
iPhoneのお話。

c0013065_22383111.jpg


iPhone4からXperia Rayに替えて早幾年。
Xperia Rayに替えた時、iPhone4を売ってしまおうと買取店に持ち込んだけど2世代前(iPhone5が発売されていた)の4は、よほど状態が良くないと値がつかないと言われて、引出しの奥にしまっておいた。

子供達が3DS欲しさにプレゼンをした後に、仲の良い友達のスマフォで遊ぶ機会があり、やっぱりスマフォが欲しくなってしまったそうだ。

そこで父は閃いた。今3DSを買っても賞味期限はせいぜい2,3年。そのうちにスマフォが欲しいと言い出すに決まっている。ならば引出しの奥にしまってあるiPhone4を子供達用のスマフォにしてしまったらどうだ。幸い我が家にはWi-Fi環境もある。3G回線がなくても自宅にいればWi-Fi通信可能。というか外に持ち出しても通信できない分、むしろ親としては好都合。

子供達の同意も取れたので、iPhone4の設定開始。メールや写真のデータを消して、勝手にインストールやアイテム購入できないように制限をしてから遊びたいゲーム、(しょぼんのアクションとパズドラ)をインストール。

ところが、"しょぼんのアクション"というゲームが起動直後に落ちてしまう。インストール自体は出来たので4のiOS5.1.1にも対応しているはずだが・・・・・。ネットで調べても情報無し。電源OFF/ONや再インストールするがやっぱりダメ。

さて困った。どうしよう。
4は最新のiOSにも対応してしていないだろうし。。。。。。。。おっ、最新のiOS7.1.2はiPhone4でもOKだ。という訳で早速アップデート。

えーっ UI(デザイン)が全然違う~。意外とサクサク動く~。
しょぼんのアクションもちゃんと起動する~。

という訳で、iPhone4現役復帰です。

後からネットで調べて見るとiPhone4は、iOS7でかなりもっさり感があったけど
iOS7.1でかなり改善されたようですね。

「古い機種でもちゃんとサポートしてくれて、それなりに動く、Appleやるなぁ、 見直したぜ」

と思ったら、今朝のiPhone6の発表資料によると同時リリースされるiOS8は、iPhone4s以降でないとダメなんですね。ちょっと残念。
[PR]

by m_matsukawa | 2014-09-10 22:40 | 電脳人

移植(昔の家から)

設計士さんとの打ち合わせで昔の家にあるもので新しい家にも持っていきたいものをいくつか選んで新しい家に取り付けてもらいました。
今回はその紹介です。

c0013065_22151166.jpg


洗面台:
昔の家をリフォームした時に設置した洗面台。
ちょっと変わった形だったので新しい家に移植。
デッキ脇の屋外水栓にとりつけてもらいました。

c0013065_2215397.jpg


和室ライト:
昔の家を中古で購入した時から設置されていたもの。
インテリアコーディネータの友人が「この形いいね。これ欲しい」と言っていたのでなんとなく移植しました。同じく和室を照らしています。40年以上前の電化製品であることがちょっと心配。

c0013065_2214571.jpg


星の模様の入った磨りガラス:
昔の家の和室とリビング間の引き戸についていたもの。
相方は移植を嫌がったけれど、こういったガラスは今はもう作っていないそうなので想い出も兼ねて移植。トイレの明り取り用の窓に移植されました。目立たない場所に移植されたので相方も納得済みのよう。

c0013065_22145195.jpg


柱:
5/5に背比べで印をつけ続けた柱を移植してもらいました。
とはいってももちろん構造的には問題のないロフトの柱に移植してもらいました。
140cmまでは引き続き背比べが出来ます。正直、柱まで移植できるとは思っていなかったのでこれは嬉しかったです。

昔の家の面影が少しだけ残ってよい感じになりました。
[PR]

by m_matsukawa | 2014-09-08 22:19 | 家作り

USBコンセント

c0013065_0292958.jpg


自宅を建てた時にそれまでの生活で不便だった細かいこともいくつか対応していただきました。その1つが、スマフォや携帯の充電。

それまでは、AC電源コンセントに小型の充電器をつけてUSBケーブル経由での充電していました。コンセント周りがごちゃごちゃしてかなり不快に感じていました。iPhone付属のCUBE型の充電器が一番シンプルでしたが、これでも出っ張りが目立つし、コンセント1つに対して1つの機器しか充電出来ません。USB-HUBにしても固定が出来ないので抜き差し時に両手を使わなければいけません。

一層のこと、壁のコンセントにUSBケーブルが直接挿せたらいいのにと思っていました。ネットで検索すると、海外製だったり、自作だったりして型番のついたものがなかなか見つかりません。

唯一見つけたこいつをキッチンカウンター横に取り付けてもらいました。結果は、想定通り片手で抜き差し出来てスッキリとしました。

数年前の建築で流行った自宅のLAN配線が、無線の普及と共に廃れたように、USB充電も数年後には廃れているかUSBの規格が変わって無用の長物になってしまうかもしれませんが、とりあえずは満足しています。

小さなことですが、こういった細かい対応もしていただけるのも、設計士さんにお願いするメリットかもしれません。そうそう、遅くなりましたが、設計士さんのWebサイトの事例紹介に我が家が載っています。かなり広角のレンズで撮影されているので広く感じますが、実際はもっと狭いです。
[PR]

by m_matsukawa | 2014-09-03 00:32 | 家作り