m_m

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
more...
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


岩屋堂と岩巣山

c0013065_18243692.jpg


長女(小3)が風邪でダウン。
その間に長男(小6)と一緒に岩屋堂から岩巣山へ軽く登山。
岩屋堂には、天然プールがあるので夏には何度か来たことがあるけれど、この季節は初めて。ちなみに名前の由来の岩屋堂を見たのも初めて。

最初の急階段を過ぎれば、後は普通に登れます。
途中で、王滝SDAにも出ているMTB仕様の一輪車に乗っている方に会いました。

それにしても岩屋堂の紅葉は綺麗でした。
ここ何年かライトアップを始めて一躍有名な紅葉スポットになりつつあります。
全体にこじんまりとしていて、色のつき方もより紅くて香嵐渓よりも良いような気がしました。

c0013065_18243178.jpg

[PR]

by m_matsukawa | 2013-11-30 18:26 | おでかけ

サッシ

c0013065_2101140.jpg


早いもので11月も終盤。
11月初めの棟上から3週間が経ちました。

屋根が8割ほど出来、窓にサッシが入りました。
これによって、部屋の様子がかなりイメージ出来るようになりました。

コンセントの位置や壁の仕上げ等、おおまかにしか決めていかなかったものを確定させていきます。発注直前に再度工事中の家の中でイメージを膨らませながら決めていけるのはいいことです。

c0013065_2101666.jpg

[PR]

by m_matsukawa | 2013-11-23 21:00 | 家作り

猿投山登山

c0013065_211061.jpg

ジジを誘って親子3代で猿投山登山へ。
行きは御門杉から東の宮を通る王道コース。
帰りは、ちょっと欲張って赤猿峠から団九郎の岩屋を通り、西の宮の鳥居から自然観察路に入り、武田道へ。城ヶ峰経由で猿投神社傍駐車場へ帰還。
最後の城ヶ峰から車道に出るまでが、かろうじて道が分かる程度で細くアップダウンもあり結構しんどかった。

子供達はどんどん先に行くし、健脚のジジでも慣れない登山道では何時もよりスローペース。両者の間合いをとるのが大変でした。そんなこんなで入山から下山まで休憩時間も含めて約6時間の行程でした。

c0013065_21102775.jpg


個人的には、子供達が6時間登山道を歩けることが判ったので、次のステップの御在所登山に向けての見込みがつきました。
そろそろ彼らに登山靴を買ってやらないとね。

おまけですが、猿投山は、駐車場のもみじが一番綺麗でした。

c0013065_21102017.jpg

[PR]

by m_matsukawa | 2013-11-20 22:09 | おでかけ

作品展

c0013065_20204044.jpg


週末は子供達の通う小学校での作品展がありました。
毎年この時期に作品展と学芸会が交互に開催されています。

体育館全体に全学年の作品がディスプレイされている様子は壮観です。
体育館の舞台を利用した蛍光塗料とブラックライトを利用したディスプレイもあり、自分の子供達の学年以外の展示も結構楽しめます。

c0013065_20203074.jpg

6年生は、将来の夢をということで、医者からフリーターまで様々なオブジェが並びます。肝心の長男は・・・・本人の名誉のためにも写真は小さめでタイトルも記載は止めておきましょう。ご想像にお任せします。

c0013065_2020671.jpg

長女(小3)の方も、写真は小さめにしておきます。なかなか独創的な出来栄えでした。
[PR]

by m_matsukawa | 2013-11-18 22:18 | 親ばか~ん

棟上げ

週末無事棟上げを終えました。
ここまで長かったようで早かった気もします。

10人以上の職人さんが、阿吽の呼吸で次々と柱が立って梁が出来ていく様は圧巻でした。

工務店さんは、森建築設計室御用達の桑原木材さん。
木材の良さを生かしたいい仕事をしてくれます。

ただこの日、脳裏に浮かんだのは、亡くなった祖父のこと。
生前は大工でした。小学校の帰り道、父の実家に寄ると、祖父は、作業場で柱に鉋をかけ、のみで継ぎ手を作り、墨壺から伸ばした長い糸を操り柱に線を引いていました。それを飽きることなく見ていました。夏休みの宿題に木工をしようと、余った部材を貰いに行くと嬉しいそうな顔をして分けてくれました。

どんな会話をしていたのかはもう覚えていません。
でもその姿は今でも焼きついています。
小さい頃は建築家になることを夢見ていました。

そんな昔のことを想い出させてくれたという意味でも印象に残る棟上げでした。

c0013065_21521335.jpg

朝8:30頃。既に柱が立っています。

c0013065_2152843.jpg

10:00頃。2階の柱が立っています。

c0013065_2152297.jpg

15:00頃。屋根も出来ていました。
[PR]

by m_matsukawa | 2013-11-04 21:55 | 家作り