m_m


ヨロシク。。。
by m_matsukawa
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
more...
最新のコメント
LEO名古屋FCというと..
by m_matsukawa at 23:42
こんにちわ。 ホームス..
by さらパパ at 08:54
小さくなった訳でなく・・..
by m_matsukawa at 05:12
六年間でランドセルが小さ..
by melekai at 07:14
本当にそうですね。不思議..
by m_matsukawa at 23:16
地鎮祭すると、心も新たに..
by おはけい at 03:18
オレンジ色の大きな時計が..
by m_matsukawa at 23:06
お疲れです! 同じく1..
by としみつ at 00:21
ありがとう~~。(昼間は..
by m_matsukawa at 23:44
すてき〜〜!
by hinataboko09 at 23:52
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2017年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧


エクステリアDIY

リビング前のデッキ。ガラス製の庇の長さが足りずに雨が降り込み、端の方だけ変色してきている。なんとかしたくて以前から試行錯誤の繰り返し。

最初にやってみたのは3年前。ガラス庇にI字金具とアクリル板で挟んで庇延長(写真はこちら)。木部に穴は開けないけれど、構造上あまり長く延長出来ません。

次にやってみたのが、耐候性ポリカーポネートをガラス庇を支える木部にビス止め(写真無し)。機能的には問題なけれど、見た目がやはりしょぼい。

しかも先日の台風18号で半分ぐらい壊れてしまったので、今回が3回目のチャレンジ。

今回は、ガラス庇を支える木部を継ぎ足して伸ばし、その上に耐候性ポリカーポネートを貼ってみました。ジョイナーをつけて端処理をしたり、隙間をコーティングしたりして、見た目は、かなり頑張ったつもりです。

あとは、雨が降って機能的に問題がないかを確認するだけです。
c0013065_11373608.jpg

[PR]

by m_matsukawa | 2017-09-27 21:34 | 庭人 | Trackback | Comments(0)

爪痕

c0013065_20315617.jpg

名古屋でも久々に強い風だった台風18号。
いくつかの爪痕を残していきました。
その中で、家庭菜園の畑にもちょっとした異変が・・・・

c0013065_2031474.jpg


台風が去った後、畑に行ってみると1週間前に植えたばかりのブロッコリーの苗の周りが雑草だらけ。

不思議に思って、雑草を抜いてみると・・・・なんと、土作りのために鋤きこんだ籾殻から発芽。雑草と思っていたものは、なんと稲だったのです。

c0013065_20313728.jpg


台風18号の沢山の雨で土が湿って、発芽環境が整ったのでしょう。それにしても籾殻に残った胚だけでも環境が整えば芽が出るものなのですね。
[PR]

by m_matsukawa | 2017-09-19 20:34 | 畑人 | Trackback | Comments(0)

仁淀ブルー


c0013065_17211320.jpg
9月は沢山文章を書こうと思っていたけれど、既に1/3近くが経過。とりあえず、先月行った仁淀川の事を書いておきたいので筆(キーボード)に向かっています。

ご存知の通り、今年、娘は「川の学校」で年5回徳島へ。3回目は、8/18-20で吉野川の上流部高知県の本山でキャンプです。

集合場所へ送り届けた後は、約48時間の自由時間。どこで遊ぼうか?高知と言えば思いつくのは四万十川。だが地図を見ると本山からは、さらに150km先。

遠すぎる。。。。GooleMapと睨めっこしていると仁淀川という名前が目に入る。仁淀川は、たしか仁淀ブルーとも言われる清流で、四万十よりも綺麗とも言われている。本山からも50km程で適度な距離。ということで行き先は仁淀川に決定。

お次は、キャンプ場探し。折角ならカヌーでも下りたい。となるとエントリしやすいキャンプ場。こちらや仁淀川のカヌーマップを参考に、本村キャンプ場に決定。

カヌー下りは、下見の上、ここから名越屋沈下橋までとして初日は早めに就寝。

2日目の朝は早起きして川下りの準備。天気も水質もバッチリ。6時過ぎにスタート。暑くなれば、川に潜って体を冷やし、4時間近くの楽しい川下りが出来ました。
c0013065_17210908.jpg
8月の川としては、文句なしに綺麗。5月の気田川と同レベルぐらい。5月の仁淀川がどのくらい綺麗か見てみたい。瀬と淵の間隔が思ったよりも長く、もう少し短いともっと楽しい川下りが出来るかも。そしてほとんど全ての瀬に鮎釣りさんがいました。ただ、川幅がそれなりにあって2,3のライン取りが出来るので、それ程問題にはなら
なかったです。

私    「すいませ~ん。通りま~す。」
釣り師さん「こっちこそ邪魔してすいませ~ん。」

こんなことを言われたのは初めてです。先人達のおかげで、良い関係が築けているようです。
c0013065_17211563.jpg
午後からは、ここに紹介のあった他のキャンプ場も視察。高評価だった小浜キャンプ場は、個人的には対岸の国道の車の音が気になって×でした。

3日目は、本山に向かいながら、元祖、仁淀ブルーの「にこ淵」に行ってきました。Webで記載されている通りのアクセス(ロープを使って坂を下り上がりしないと行けない)、綺麗な仁淀ブルー、神秘的なパワースポットでした。

で、まとめ。

・仁淀川流域のキャンプ場(の多く)は、テント泊なら無料
・一番藻が発生する8月でも川が綺麗
・仁淀川に限らず、見た川全てが清流
c0013065_17211802.jpg


[PR]

by m_matsukawa | 2017-09-08 21:17 | 川ガキ(徳島) | Trackback | Comments(0)