m_m


ヨロシク。。。
by m_matsukawa
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
more...
最新のコメント
LEO名古屋FCというと..
by m_matsukawa at 23:42
こんにちわ。 ホームス..
by さらパパ at 08:54
小さくなった訳でなく・・..
by m_matsukawa at 05:12
六年間でランドセルが小さ..
by melekai at 07:14
本当にそうですね。不思議..
by m_matsukawa at 23:16
地鎮祭すると、心も新たに..
by おはけい at 03:18
オレンジ色の大きな時計が..
by m_matsukawa at 23:06
お疲れです! 同じく1..
by としみつ at 00:21
ありがとう~~。(昼間は..
by m_matsukawa at 23:44
すてき〜〜!
by hinataboko09 at 23:52
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧


夕焼け

c0013065_1602917.jpg

今日は雨で寒いです。
昨日との気温差8度だそうで、運動会等の秋のイベント前なので風邪を引かないようにしないとね。

ここ1、2週間、天気のよい日には夕焼けが綺麗でした。
綺麗な夕焼けに感謝・・・・というより、綺麗な夕焼けが見える時間に帰途につける今のこの環境に感謝。
[PR]

by m_matsukawa | 2007-09-29 16:00 | その他・戯言 | Trackback | Comments(0)

ちびマダム

公園に行くとすぐに裸足で駆け回り、3歳の誕生日前にブランコの立ち漕ぎをマスターしたわが娘。木登りや高いところが大好きで、その姿はまるで男の子のよう。

そんな男勝りの娘が、女の子らしい(?)、一面を見せてくれました。

週末、実家に帰った時にちょうど姪っ子の運動会だったので応援をしにいきました。運動会が終り、姪っ子の家で運動会のがんばりを労っていた時のこと、部屋の隅に置かれたものに気づき、娘の目の色がかわりました。

一目散に駆け寄り、次から次へと身につけていきます。
そして振り返り、満面の笑顔。光りものに目が無いというのは、女性のDNAに深く刻まれているようです。
c0013065_23573695.jpg

"やれやれ"と思いつつも、少し胸を撫で下ろした父でした。
(それにしても、たまたま着たこの日の服に、このアクセサリ、ハマリすぎ・・・)
[PR]

by m_matsukawa | 2007-09-24 23:58 | 親ばか~ん | Trackback | Comments(0)

秋冬野菜

c0013065_23133231.jpg

骨折療養中に畑は大変なことに・・・・・。
8月は日々覆われていく雑草たちを毎日横目で見ながら歯軋りしていました。

ようやく鍬が握れるようになったので、草刈して耕して例年より少なめですが秋冬野菜の種まきと苗の植え付けをしました。

ちょっと一息つけます。
[PR]

by m_matsukawa | 2007-09-21 23:14 | 畑人 | Trackback | Comments(0)

流しそうめん

晴れ男Yoheのおかげで、午前中ににわか雨が降ったものの午後からはおおむね晴れ。
月曜日に切り出し心配していた竹も、特に問題無く使えました。

竹を縦に半分に割り、節をノミと金槌で削ってそうめんが流れるようにします。角度をつけて設置するのには、面倒だったので脚立とガーデン用イスに麻紐で固定します。
c0013065_21512873.jpg

そして完成です。
あまった竹を使って器とお箸も作りました。
c0013065_21514158.jpg

ここまででかなりの重労働で、かなりヘトヘトでしたが、そうめんを準備して流しだすと、これが面白いのなんの!流す方も食べる方もどっちも大満足。
子供達の笑顔を見てくれれば、その美味しさと面白さは分かっていただけるでしょう。
準備したそうめんは瞬く間にみんなの胃袋の中に落ちていきました。
また、やりたい。今度は出来れば庭じゃなくてキャンプ場で。
そんな声が挙がっていました。
c0013065_2152111.jpg

子供達のいい表情の写真を撮るのが、難しいと思っていました。
シャッターチャンスを逃さないように常にカメラを構えていたような気がします。
でも、撮ることを忘れて子供と一緒に楽しいことを沢山すれば子供達はいい表情を沢山してくれる。そんな簡単なことに今更ながら気づいた気がします。

初秋の気配が漂う今日この頃、卓上流しそうめん機で決して味わえない楽しいひと時を過ごすことができました。
[PR]

by m_matsukawa | 2007-09-16 21:52 | 庭人 | Trackback | Comments(0)

c0013065_23231518.jpg

月曜日の夕刻、東の空に虹が見えました。
こんな日は、普通の日でも得した気分になります。

夏前にYoheと約束した"流しそうめん"を今週末実現するために竹を貰ってきて、縦にわりました。

夏の竹は、水分が多いので黴が生えたり、腐ったりするので加工するのは冬の竹というのが鉄則らしいですが、日程上この日しか都合がつきませんでした。週末までもちます様に!
[PR]

by m_matsukawa | 2007-09-11 23:23 | 野外人 | Trackback | Comments(0)

プロースト

ドイツ語で"乾杯"という意味。
秋のビアフェスティバル"プロースト"という催しがアサヒビールの工場で開催されています。

これは、通常の40分程度の工場見学ツアーと試飲会をセットにしたもの。
普段はキリン党のオイラでも、見逃すことは出来ず、早速電話予約して公共交通機関で出かけてみました。
c0013065_21253737.jpg

最寄の駅からは、シャトルバスで工場に向かいます。
工場では、10階建て分の高さはあろうかという発酵・熟成タンクがお出迎えしてくれます。
ちなみに生中100杯で、このタンクの深さを1mm下げることが出来るそうで途方もない量のビールが詰まっていることになります。
このタンクの中で泳いで見たいという、要求をぐっとこらえ(もちろん叶えられない要求ですが・・・)受付を済ませます。

今回の参加者は、平日ということもあって、多くは定年を迎えた方、女子大生と思しきグループでしたが、幼児を連れた母娘の二人連れもいて、つわものの様相でした。

工場見学自体は、本日の製造分を作り終えた所で、製造ラインが止まっていました。CMで見たスーパーDRYの缶が高速で回るシーンが見れずに残念。その他はやはり、環境やリサイクルに配慮していることをアピールしてました。
c0013065_2126425.jpg

花より団子、見学より試飲。
見学を終えるとゲストホールへ向かいます。
ジョッキに注がれたスーパーDRYを受け取り、ツアー参加者全員で"プロースト"と乾杯します。
20分でスーパーDRY,レーベンブロイ,黒生から3杯まで試飲可能です。
試飲と言っても普通のジョッキですのでかなりの量が楽しめます。

残暑厳しい折、こんな形で喉を潤すのもなかなかいいものです。
9/24まで開催しているので是非どうぞ。お勧めです。
[PR]

by m_matsukawa | 2007-09-08 21:26 | だめ親父 | Trackback | Comments(0)

クワガタ

c0013065_23181110.jpg

職場の建物の壁に張り付いていたのを見つけました。
大きそうにも見えるがサイズは親指大。
多分コクワガタ。

越冬できるそうなので、飼育することにした。
名前はリュウくん。(Yohe命名)

緑豊かな職場なのでいるかな?と思っていましたがこんな簡単に採集できるとは思いもよりませんでした。
[PR]

by m_matsukawa | 2007-09-04 23:18 | 野外人 | Trackback | Comments(0)

夏の終りに

c0013065_21191331.jpg




c0013065_21193063.jpg















8月半ばの猛暑は何処へやら。朝晩すっかりすごし易くなりました。
8月も、もう終り。このまま残暑無く秋になってしまいそうな様相です。

夏休み最後の週末に名古屋市科学館とモリコロパークに行ってきました。

名古屋市科学館は、通常展示の他にザリガニワールドを開催中でした。
ザリガニワールドでは、ほぼ在来種扱いのアメリカザリガニを初め、日本や世界各地のザリガニ(模型もあり)が展示してあります。青いザリガニもいて、yoheの目は釘付けです。

また、ザリガニ釣りを経験できるコーナーがあり、30分以上の長蛇の列を並んで挑戦します。
一日中エサのスルメを目の前に垂らされているザリガニ達は、エサを食べるどころか大きなハサミで避けている姿が切ないです。
もちろん制限時間の5分間で釣れるはずも無く、釣果はありませんでしたが、その後、1人1匹づつ器に入れてもらえて、詳しく観察させてもらえました。(観察後は池に返しました。)
c0013065_21195452.jpg




c0013065_2120880.jpg















モリコロパークは、前回(7月:骨折前)に行った時に約束した水のエリアで遊ぶためでした。前回はyoheが病みあがりだったので水のエリアで遊べなかったのです。

ここは、深いところでも大人の膝ぐらいまでで、小さな子でも比較的安心して遊ばせられます。
噴水や、自転車をこぐと水車が回るような遊具(?)、握りこぶし大の小石を敷き詰め、河原を模した場所があり、思い思いの方法で子供達は遊ぶことが出来ます。

まだまだ有名でないのか、公園にたまたま遊びに来た家族が、子供にせがまれて、仕方なくパンツのまま遊ばせているような感じの家族連れが多かったです。そのせいか、大人で水着になって子供と一緒に遊んでいる人が、ほとんどいません。水着になってメタボ気味のおなかを人前に曝すのはかなりの勇気が必要です。

また、すぐ近くに簡単なアスレチック遊具もあり、水遊びを堪能したらこっちでも遊ぶことが出来ます。

本当なら天然の河原に連れて行って、生き物を観察させたりもしたいのですが、そういった場所がなかなか近くに無いことや、まだリハビリを続けている左手のことなんか考えると出不精気味になってしまいます。

ただ、子供達は十分に満足できたようで、夏休み最後の週末は上々でした。
[PR]

by m_matsukawa | 2007-09-02 23:51 | 親ばか~ん | Trackback | Comments(0)