m_m


ヨロシク。。。
by m_matsukawa
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
more...
最新のコメント
LEO名古屋FCというと..
by m_matsukawa at 23:42
こんにちわ。 ホームス..
by さらパパ at 08:54
小さくなった訳でなく・・..
by m_matsukawa at 05:12
六年間でランドセルが小さ..
by melekai at 07:14
本当にそうですね。不思議..
by m_matsukawa at 23:16
地鎮祭すると、心も新たに..
by おはけい at 03:18
オレンジ色の大きな時計が..
by m_matsukawa at 23:06
お疲れです! 同じく1..
by としみつ at 00:21
ありがとう~~。(昼間は..
by m_matsukawa at 23:44
すてき〜〜!
by hinataboko09 at 23:52
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:野外人( 82 )


サバイバル

c0013065_11213584.jpg


何故か今、我が家(というか僕と娘)は、サバイバルブーム。きっかけは、近くのGEOのレンタルコミックにサバイバル(さいとう・たかを)の復刻ワイド版を見つけて借りてきたこと。これに何故か娘が嵌ってしまいました。

6巻まで一気に読破後、僕達の興味の先は、矢口史靖監督の「サバイバルファミリー」へ。昨日、娘と一緒に見てきました。

現代において電気が無くなるとどんな世界になるかを描いた家族の物語。乾電池まで使えなくなってしまう設定は少し無理があったような気もしますが、なかなか面白かったです。

とりあえず、自転車をもう一台買おうかなと思った次第です。
[PR]

by m_matsukawa | 2017-02-19 11:22 | 野外人 | Trackback | Comments(0)

スノーシュー

c0013065_2246593.jpg

これも1月前の寒波の頃のお話。

予てからやってみたいと思っていたスノーシュートレッキング。昨シーズンは、雪不足で近場は全滅でした。

今シーズンの1月の寒波で環境は整ったようだったので行ってきました。

名古屋から程近くスノーシューがレンタル出来る場所は、御在所とヘブンス園原があります。1月の寒波は、名古屋を基点に西寄りで風雪が強く、ゴンドラやロープーウェイが、運休になる可能性があったので、東側のヘブンス園原に行くことにしました。

スノーシューチケットを買い、ゴンドラに乗って、スキー場入り口のマウンテンロッジでスノーシューをレンタル。レンタルのスタッフと時間や天候、スキルを考慮して、行き先を富士見台登山コースの途中で展望の望める「レクレーションの森展望案内図」までとしました。

第2リフトを降りて初めてのスノーシュー。誰もいない山道を先行者の足跡を辿って歩いていきます。先行者の足跡のない新雪の場所に踏み入れても若干沈むだけ歩いていけます。途中で、スノーシューを外して試しに一歩踏み出すと膝上まで雪に嵌って、脱出に一苦労しました。

太い幹まで白く凍てつく氷の世界。天気は途中から曇ってしまったけれど、非日常を体験できた良き一日でした。次はぜひとも富士見台まで行ってみたいです。
c0013065_2245571.jpg

[PR]

by m_matsukawa | 2017-02-15 22:47 | 野外人 | Trackback | Comments(0)

馬瀬川キャンプ

c0013065_23132686.jpg

8/15~17と岐阜県下呂市馬瀬川でキャンプをしてきました。

前日までの安定した晴れの天気から一転して、大気の状態は不安定の予報。初日の8/15に下呂市役所近くの法扇で昼食中にゲリラ豪雨に遭遇。テンション下がりまくりのまま、すずし野というキャンプ場にチェックイン。川岸でテント泊の予定だったのですが、1時間前のゲリラ豪雨に不安を覚え、バンガローに空きがあったのでバンガロー泊に急遽変更。

だが、ここから3日間、雨が降ることはなく、むしろ快晴で、久々に長男の晴れ男ぶりを発揮。

2日目は、親子3人(相方は留守番)マウンテンライフ飛騨さんで、シャワークライミングを満喫。子供にとって難しい所には迂回路が用意されていて、大人も子供も充分に楽しめます。

それ以外の時間は、馬瀬川で遊び倒した充実した3日間でした。

【キャンプ場:すずし野
必要最低限の施設が清潔に保たれていて気持ちの良いキャンプ場。寝るだけの釣り客や日帰りのBBQのお客が多いような気がした。昼間は賑わっていたけれど、夜は2組ないし3組で静かに過ごす事が出来た。
おばちゃんがメインで運営していて、隣の畑で採れたトマトや、お手製のお漬物の差し入れがあったり、お孫さん(中2)が釣りのお手伝いをしてくれたりとアットホームなキャンプ場。天気が良ければ川のそばの川床サイトでテント泊、そうでなければ軒下付のAのバンガローがお勧め。

【シャワークライミング:マウンテンライフ飛騨
日本に留学中のフランス人がガイドしてくれる国際色豊かなアクティビティ。シャワークライミングは、ガイドと装備がしっかりした所が良いです。準備と移動に30分、シャワークライミングに2時間、帰りに30分ですが、充分です。前回別の運営会社のシャワークライミングでは、写真を沢山撮ってくれたので、今回防水カメラを持参せずに参加したら写真は撮ってくれなかったのでシャワークライミング中の写真が無いのが残念。


馬瀬川
川遊び評論家の長男曰く、「水質(綺麗さ)は、まずまず。キャンプ場そばに、もう少し深い瀬があると潜りも出来て言う事無し。魚は多くの人が釣りや遊びに来るからか警戒心MAXなので面白くない。」だそうです。

【その他】
マウンテンライフ飛騨の事務所が、道の駅馬瀬美輝の隣にありますが、向かいには、美津輝ー(ミッキー)という安易なネーミングの喫茶店がありますが、名前とは裏腹にとても美味しいです。おまけに1,000円以上の定食を頼むとホテル美輝のお風呂に100円で入れるチケットがいただけます。立ち寄り湯の料金は700円なので、1,100円のあなご塩焼き定食を頼むと、+100円の1200円でお昼ごはんと温泉が楽しめます。

写真は、ウェットスーツを着てシャワークライミングに出発前のものです。
c0013065_2313225.jpg

[PR]

by m_matsukawa | 2016-08-18 23:14 | 野外人 | Trackback | Comments(0)

寒波

c0013065_07461.jpg

今冬は暖冬ではなかったのか?暖かかったお正月が嘘のような寒さです。11日の鷲が岳スキー場へ向かう道ですら雪がなかったのに・・・

ただ、雪が降るとテンション上がります。20日早朝に名古屋では5cmを超える積雪がありました。

通勤にいつもの倍以上時間がかかるはずなので7時出発予定。食事と支度で30分。逆算してこの雪と戯れることが出来るのは5時30分~6時30分の1時間くらい。

という訳で暗いうちから出陣です。今回の雪は、ベタ雪ですぐにタイヤに貼り付いてしまいます。それでも、足跡もタイヤ跡もない新雪をMTBで走るのは楽しいものです。
c0013065_07157.jpg

そのうち、長女(小5)が起きて来てまだ暗い中一緒に雪かきもしました。
この寒波、週明けの月曜日の朝はどうなることやら。
c0013065_065743.jpg

[PR]

by m_matsukawa | 2016-01-24 00:09 | 野外人 | Trackback | Comments(0)

王滝村

c0013065_23544953.jpg


御岳のある王滝村の復興イベント「みんな集まれ王滝村へ」に行ってきました。

MTBレース「SDA王滝」を主催しているパワースポーツ社によるアウトドアイベント、本格的なレースからお手軽スポーツまで様々なアクティビティが楽しめます。

もっとも参加したかったMTBツーリングは、渋滞のため到着が遅れて参加出来ず。それでもスラックラインやクラインミングスタンドアップパドル、森林鉄道体験乗車を楽しんできました。

クライミングも初体験でしたし、何より今回一番楽しかったのが、スタンドアップパドル体験でした。スタンドアップパドルはサーフボードのような板の上に立ってパドルで漕ぐスポーツ。

カヤックよりも重心が高くバランスを取るのが難しく、その分スリリングです。そのためカヤックだとすぐに飽きてしまいそうな静水でも充分に楽しめます。5月上旬のおんたけ湖の水は冷たかったけれど、親子3人水入りずぶ濡れで楽しむことが出来ました。

c0013065_23545524.jpg

c0013065_23544069.jpg

c0013065_23543297.jpg

[PR]

by m_matsukawa | 2015-05-03 23:57 | 野外人 | Trackback | Comments(0)

師走

あっという間に12月も1/3が終わってしまった。

早い、早すぎる。

雨のUSJの後、長男が体調を崩し、バタバタしてる間に1ヶ月が過ぎ去ってしまった。

そんな中、COC(Coleman Outdoor Club)から宅配便が届く。

c0013065_2313351.jpg


中身は木製の箱・・・・ではなくてワインでした。

入会してから10周年で、入会した年(2004年)に作られた10年ものの赤ワインとのことで粋な計らいです。クリスマスか年末年始にいただくことにしましょう。子供達も大きくなってきて最近キャンプに行けてないなぁと思っていた所なので、キャン行きたい病が再発しそうです。

c0013065_23125810.jpg

[PR]

by m_matsukawa | 2014-12-10 23:13 | 野外人 | Trackback | Comments(0)

五目釣り

c0013065_034322.jpg


長女の釣り熱が冷めぬうちにジジババを誘ってFishing。
向かった先は飛島埠頭。

ジジは、昔から釣りが趣味だけあってあわせ方が上手いのか、コンスタントに釣り上げる。ババは、何も考えていないはず(?)なのに、なぜか仕掛けを上げると魚が釣れている。

自分と長女は、まぐれでたまに釣れる程度の釣果。

短時間の割にはまずまず釣果でした。
釣った時の感覚(かなり大物)と調理の時の感覚(思ったより小さい)が興味深いのですが、素揚げして美味しくいただきました。

c0013065_0342826.jpg

[PR]

by m_matsukawa | 2014-10-01 00:36 | 野外人 | Trackback | Comments(0)

ハンモック

c0013065_2114566.jpg


前から欲しかったハンモック。アウトドアショップで割引販売していたので思わず衝動買い。

とは言いつつも、キャンプに持っていっても取り付けるのに適当な木があるとは限らないし、ハンモックスタンドはかさばるし、高い。ネットで見てたら自作している人たちがいるので見よう見まねで自作してみた。

2x4材で作っている人が多いが、経費節減と持ち運びを考慮して1x4材でチャレンジ。1x4材4本と適当なフックを2つ。計2,000円弱をホームセンターで購入。1x4材4本で6xkgの体重をさせられるかが大きな不安要素。

作り方はいたって簡単。1x4材の片方の端を斜めにCutして、もう片方の中心にフックを通す穴を空け、フックを通してボルトで固定するだけ。

後は、テントを張るときのロープとペグでバランスを取って、組み立てる。

まず、生贄じゃなくて実験台でもなくて、1番乗りを志願した長女(小4:27kg)から。


問題なく揺られることが出来ました。
次は6xkgの自分。恐る恐る乗ってみると、1回目はお尻が地面についてしまいました。
自作スタンド間の間隔やペグの位置、ロープの張り具合を調整して3回目で無事揺られることが出来ました。

今日の結論。
その1:1x4材4本でも6xkgは支えることが可能。(自己責任で)
その2:意外と広いスペースが必要。(家族用テント設営面積ぐらい)
その3:ハンモックで揺られるとかなり快適
[PR]

by m_matsukawa | 2014-09-28 21:13 | 野外人 | Trackback | Comments(0)

釣り

c0013065_2315940.jpg


相方がパートタイムで働き始めた。
午前中のみだけど土日も働くことが多い。

長男の土日のほとんどは部活なので、必然的に長女(小4)との時間が増える。アウトドア派の父が、「BBQしよう」、「カヌーに乗りに行こう」と誘っても、インドア派の長女は、「家でダラダラしたい」、「ママと一緒がいい」と言うので時間の過ごし方が難しい。

そんな中で見つけた共通の趣味(?)が、なぜか釣り。

一度海釣り公園に出かけて、坊主だったけど、また行きたいというので、今度は確実に釣れる渓流の管理釣り場(神越渓谷)へ行ってきました。

腹ペコのマスを放流してくれるので釣果はまずまず。炭火で塩焼きにして美味しくいただきました。

c0013065_2314825.jpg

[PR]

by m_matsukawa | 2014-09-16 23:03 | 野外人 | Trackback | Comments(0)

青川峡

c0013065_1715288.jpg


台風が去って暑くて晴れの日が戻るかと思えば、梅雨に戻ったような空模様。お盆後半も天気が期待できません。

とりあえずは、雨でも何の問題もない青川峡キャンピングパークへ。

今回は(も?)友人が予約してくれたコテージ泊。コテージ泊だとキャンプの準備は本当に何も要らない。従ってキャンプをしている気分とはちょっと違う。

時々雨の降る蒸し暑い天気だったけれど、エアコン付のコテージだったから良しとしましょう。
[PR]

by m_matsukawa | 2014-08-19 17:17 | 野外人 | Trackback | Comments(0)