m_m


ヨロシク。。。
by m_matsukawa
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
more...
最新のコメント
LEO名古屋FCというと..
by m_matsukawa at 23:42
こんにちわ。 ホームス..
by さらパパ at 08:54
小さくなった訳でなく・・..
by m_matsukawa at 05:12
六年間でランドセルが小さ..
by melekai at 07:14
本当にそうですね。不思議..
by m_matsukawa at 23:16
地鎮祭すると、心も新たに..
by おはけい at 03:18
オレンジ色の大きな時計が..
by m_matsukawa at 23:06
お疲れです! 同じく1..
by としみつ at 00:21
ありがとう~~。(昼間は..
by m_matsukawa at 23:44
すてき〜〜!
by hinataboko09 at 23:52
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

延命

といっても人の話ではなく、パソコンの話です。

少し前にOS(XP)起動中で止まってしまうようになった我が家のパソコンですが、今度こそだめかと思いましたが、色々と苦労した結果、治ってしまいました。

そんな我が家のパソコン、家族からの評判はすこぶる悪いのです。
なぜならオイラの手によって様々な延命治療を受けたので少し(家族に言わせるとかなり)使い勝手が悪いのです。

元々、義父が買い替えで不要になったノートPCを譲ってもらったものです。液晶のバックライトが切れてしまったためか、ディスプレイに何も表示されなくなってしまったので、大須で中古の液晶ディスプレイを購入してきてそれに繋げて表示をさせています。DVD/CDデバイスも読み取りが出来なくなってしまったので、外付けタイプを買ってきてUSBで接続して使っています。

つまり、ノートPCなんだけど持ち運べない、それはまるでドとレとミとファとソとラとシの音が出ないクラリネットのような状態なのです。



どーうしよ(パオ) どーしよ(パオ)
オーパッキャマラドォ パッキャマラドォ パオパオ・・・



と歌っていても仕方が無いので、いろいろとネットで調べながら試していき週末にようやく治すことができました。
config.sysやautoexec.batを久しぶりに触りました。10年以上も前に培った知識が再び役に立つとは、なんともまあ、基礎は重要というべきか、コンピュータ(Windows)の世界は、まだまだDOSの呪縛から解き放たれていないと言うべきか・・・・

備忘録も兼ねてメモしておきます。興味の無い人は読み飛ばしてください。




OS(XP)起動中に止まってしまうということは、起動に必要なファイルがなんらかの理由で読み込めないので、

1)そのフィアルを特定してどっかからコピーする。
2)OS(XP)を再(上書き)インストール

すれば、問題ないはずと考えました。

ただ、1)の方法はそもそも該当ファイルの特定が困難、特定できたとしてもDOS上でXP標準のファイルシステムであるNTFSを理解出来るツールが必要なので早々に諦めました。(DOSが標準で認識できるファイルシステムはFAT,FAT32のみ)

2)の方法で対応する方針で進めました。
普通ならXPのCD-ROMを内蔵デバイスセットして起動すれば何の問題もなく可能な作業なのですが、前出の通り、内蔵CDデバイスが使えず、外付けデバイスからの起動は出来ないので、DOS用USBドライバを探してきてDOSで起動して再インストールを試みることにしました。

ネットで色々と検索するとDOS用USBドライバとして
USBASPI.SYS
USBCD.SYS
あたりがHitするので、ライセンスに注意しながら入手します。

XPで作成したDOS起動Diskには、MSCDEX.EXEが入っていないのでWin98辺りでDOS起動Diskを作ります。(手元にWin98が無い場合は、http://www.allbootdisks.com/Languages/jp/index.htmlで入手可能)

config.sysでUSBASPI.SYS,USBCD.SYSを読み込んで、autoexec.batでMSCDEX.EXEを起動するように書き換えて起動すると、、見事DOSからUSB接続のCDが読み取れるようになりました。

CD装置にXPのCDを入れて、setup.exeを起動します。


。。。。。DOSプログラムじゃないと怒られました。。。。。


再びネットで検索。すぐに
Windows XP のセットアップ プログラムを MS-DOS から開始する方法 がHit。これに従って作業を進めていきます。

最初にセットアップに必要なファイルを、CDからHDDにコピーするのですが、この時点でNTFSしかないおいらのPCはお手上げ。

しかたがないので、上書きインストールを諦めて、Fdiskでパーティションを再作成してそこへクリーンインストール。

作業は順調に進み無事完了か。。。。という最後の場面でBSOD発生。

こんどこそ万事休す。。。。。


念のために、作成したパーティションでscandiskに/surfaceオプションをつけて完全スキャン。かなりの時間を使いリカバリしながら終わった。再度最初からセットアップすると今度は無事に終了したので、原因はハードディスクの一部がおかしくなってしまったようです。元々のOS(XP)が起動しなくなった理由もこの辺りにあったのかも知れません。

重要なデータを保存しておくには不安が残りますが、通常のmailやネットの使用には問題なさそうです。という訳で我が家ではもう暫くの間、延命治療を施したPCが現役で活躍してくれそうです。
[PR]

by m_matsukawa | 2008-02-25 22:53 | その他・戯言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pinecone.exblog.jp/tb/8317451
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 入学準備 ~学習机~ 伊良湖へ >>