m_m


ヨロシク。。。
by m_matsukawa
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
more...
最新のコメント
LEO名古屋FCというと..
by m_matsukawa at 23:42
こんにちわ。 ホームス..
by さらパパ at 08:54
小さくなった訳でなく・・..
by m_matsukawa at 05:12
六年間でランドセルが小さ..
by melekai at 07:14
本当にそうですね。不思議..
by m_matsukawa at 23:16
地鎮祭すると、心も新たに..
by おはけい at 03:18
オレンジ色の大きな時計が..
by m_matsukawa at 23:06
お疲れです! 同じく1..
by としみつ at 00:21
ありがとう~~。(昼間は..
by m_matsukawa at 23:44
すてき〜〜!
by hinataboko09 at 23:52
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

SDA王滝100km初チャレンジ2

c0013065_2335090.jpg

今回のレース、一言で言うと

「完走したけれど、脚よりも先に"とあるところ"が限界に達したので消化不良」

です。備忘録も兼ねて詳細に記していきます。

スタート後、しばらくはパレードRunということで、舗装路を走っていきます。いきなり、サイコンが動いていないことに気がつきました。でも後の祭りです。ただの時計になってしまいました。(結局20km地点で止まり、センサーの位置を調整して復活させました。)

林道に入るところで道が狭くなるので渋滞すると聞いていましたが、想像よりも短くて済みました。

ここから、軽トラが1台通れるくらいの未舗装の林道を登っていくのですが、さすがに100kmコースの参加者達。42kmではすぐにばらけて自分のペースで登れるようになったのですが、隊列を組んだまま登っていき、なかなかばらけずに自分のペースで登ることが出来ません。原則右側から抜くのがマナーなので左側を走ります。ただ左側だと少し遅い、でも右に出て追い越すほど速くも走れない。軽自動車で高速を走っているときの感覚に近いと言えば分かってもらえるでしょうか?そんな状態が5km以上続き、最初の下りに入った頃にようやくばらけてきました。それにしても暑いです。8:00ぐらいでも照りつける日差しは容赦なく体力を奪っていき、時限爆弾に点火していきます。

第1CP(30km地点:制限時間4時間[10:00])までは、登りが続くので厳しいと聞いていましたが、到着したの9:15ぐらいでした。スタッフの方が、第2CP(60km地点:制限時間7時間[13:00])までにも登りがあるので9:30には出発した方がよいとアドバイスをしてくれたので、アドバンテージを得るためにも休憩を早めに切り上げて、9:20に出発しました。

第2CPまでは余裕と聞いていたので、「平均10km/hとしても12:20着、もしかしたら12:00ぐらいに着けるかも」と思っていました。ところが50km辺りで時限爆弾が爆発しました。

お尻の痛みに耐え切れないのです。ポジションは出ているので姿勢が悪いことから来る痛みではないのです。紋章の周りが汗でかぶれてしまったのです。赤ちゃんのお尻かぶれと同じような感じです。

下りは、お尻を上げたり、ずらしたり出来るので問題ありません。急な登りも50kmを越えれば押して歩くので問題ありません。平地は立ち漕ぎ+その余力等でぎりぎりなんとかなります。何ともならないのが、緩やかな上り坂。脚は残っているので漕げるのですが、5分も漕いでいると痛みが限界に達してしまうので降りて押さざるをえないのです。

それでも、第2CP(60km地点:制限時間7時間[13:00])には12:20ぐらいに到着しました。ここでも、スタッフの方が、第3CP(73km地点:制限時間8時間[14:00])まで、大きく下った後に登りがあるので12:30には出発した方がよいとのアドバイス。休憩もそこそこに出発しました。

第3CPまでの登りは、ほぼ押し歩きでした。まわりの人達も多くの人が押しています。大の大人が、高価なMTBを押して競っている姿は、なんとも居た堪れない光景です。第3CP到着が13:45ぐらいでした。ここか(73km地点)らゴールまで27km。16:00までにゴールするには、平均13.5km/hで走らなければならない計算になり、このお尻の痛みからすると絶望的です。しかし、出発してすぐに昨日の競技説明の言葉を思い出しました。

「42kmコースは、ゴール地点までは48km、滝越までの11kmとゴールからスポーツ公園までの5kmとあわせて64kmぐらいの大変お得なコース。100kmコースは、ゴール地点まで93kmとスポーツ公園までの5kmとあわせて98kmぐらいのコースです。」

ということは、ゴールまでは27kmではなく、20km程度。しかも最後5kmぐらいは下りなのでなんとかなるのでは。そう思ったら、俄然やる気が出てきます。しかもここからは42kmコースと同じコースなので見覚えのあるコースです。登りは相変わらず押し歩き、まわりの人が漕ぎ始める緩やかな上り坂でも押し歩き、平地になると漕ぎ始めますが5分で痛みに耐えかねて押し歩き、最後の下りで、その鬱憤を晴らすように(自分としては結構な)スピードを上げて駆け下りて9時間半でゴールを迎えました。

と言うわけで、「自分(のお尻の痛み)との戦い」のSDA王滝100km初チャレンジ初完走でした。

まとめ:
・フルサスとディスクブレーキの下りでの威力は絶大
・空気圧は高めでパンク回避
・ハイドレーションは不要
・オフロードの登りの練習が必要(今回はあまりせずに、しんどかった)
・お尻かぶれの原因は、当日の暑さ、安物を使い古したパッド付インナーパンツ(吸水性・透湿性が低い)、車中泊で前夜の風呂/シャワー無し(と思われる)

という消化不良な内容でしたので来年度再チャレンジ・・・・するために今年と同じだけの練習をするだけの気力も今はなく、仮に出るとしても今回走ったS-Works(フルサス/Diskブレーキ)で42kmコースを走ったら、もっと記録を伸ばせる・・・・?と悩ましい日々が続いています。
c0013065_2335587.jpg

[PR]

by m_matsukawa | 2017-05-26 23:00 | 二輪人 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pinecone.exblog.jp/tb/26689077
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 鮎釣りの始まる前に SDA王滝100km初チャレンジ1 >>